プライベートブランド食品
FC2ブログ

 

ニュース

このブログについて
真面目なものから、くだらないものまで、独自の視点で書いていきます。
検索フォーム
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コストコって、なんで人気があるの?

コストコはなぜ人気があるの


「年会費払ったのに、安くないじゃないかっ!」

これが、コストコに入った時の第一印象だった。


僕は、最近までコストコの会員だった。


最近といっても、会員だった期間は1年間だけだったが。

つまり、会員になってはみたものの、
結局、年会員の更新はしなかったということなのだ。


コストコ会員になるには、4000円ほどの年会費が必要になる。

しかし、いざ年会費を払って会員になって、
店内を見て回っても、そんなに安い気もしない。

どちらかと言うと、それなりに値段の安い
スーパーで買ってしまった方が安いと感じた。

しかも、明日多くの商品が、ダースとかの
まとめ売りになっているので、
買ってしまうと場所を取るとるという問題もある。

正直、年会費を払ってまで会員になるメリットが
ないように感じた。

だから年会員の更新をしなかったわけだが。


それで思ったのが、

「なんでこんなに、コストコが人気があるのかよくわからない。」

ということだった。


コストコに来ているお客さんは
すごい量のものを買い物している人が沢山いるし、

コストコの会員を更新する割合は、8割を超えるのだそうだ。

僕が思っている以上に、魅力を感じている人が多いようである。


これが何なのかちょっと考えてみた。

■会員制なので会員にならないと中を見ることができない。だから特別感がある。

■商品の並べ方が、普通のスーパーとまるで違うので、いつもと違った感覚が味わえる。
(巨大な棚みたいなものに、ダース売りの商品の塊が並べてある感じ)

■普通スーパーと違うので、コストコに行ったことがない人を連れて行くと喜ばれる(笑)

■アメリカの商品も売っているので、他のところでは買えない商品が買える。

といったところだろうか。

こんな感じで理由を考えていたら、
同じ疑問をYahoo!知恵袋で聞いている人がいた。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14105328584


リピーターになっている人は、
やはり値段以外の部分に魅力を感じているようだ。

コストコは、安さを期待して行く所ではないってことだ。

年会費4,000円は、僕にとっては少々高いように思いましたが、それでも他にはない珍しさがあるので、
1度は行ってみる価値はあると思います。


スポンサーサイト

gooメール無料版終了。代わりはどこがいいのか?

aaa.jpg


gooメールの無料版の終了のお知らせが届きました。

無料で利用できるのは、2014年3月10日(月)AM11:00までで、
それ以降も利用したい場合は、有料版に移行しなければならないようです。


私は、広告メールは届いて欲しくないサービスを利用するために、
gooメールを利用していました。

メインで使っていたわけではないのですが、
なくなったらちょっと困ります。

ただ、さすがに有料月額200円となると、
ちょっと、利用するのはやめざるを得ないですね。


月額200円だと年間で2,400円ですからね。お金は大事ですから。



では、 gooメールの代わりになるようなメールサービスは、どこがいいのでしょうか?


Gmailという手もあるかもしれませんが、
Gmailは1人が取得できるアカウントの数が限られていると聞いたことがあるので、
メインで使わないのだったら、Gmailを使うのはもったいないと思うのです。


Yahoo!メールは、単純に迷惑メール多すぎるので却下(笑)


そこでどこがいいか考えたんですが、エキサイトメールはどうでしょうか?

以前までは、エキサイトメールは、
メールボックスの容量がわずか4MBと、非常に少なかったですが、

ちょうど最近、2013年8月に容量が1ギガになりました。


さすがに、リニューアルしたばかりなので、
すぐに閉鎖と言うこともないのではないかと思います。


ということで、エキサイトメールとりあえず試してみてはいかがでしょうか?


後は、無料のメール・サービスというのは、広告収入で成り立っているので、

無料メールを利用したときは、広告をクリックしてあげるということも
無料で使い続けるためには、必要なのではないかと思いました。

いわゆる、ギブ&テイクってことですね。

ロボット化による雇用減少に備えよう

a1180_007145.jpg


最近、ロボット化・機械化による
いわゆる「無人化」によって、雇用機会が減っているようなケースが
日常生活で見られるようになってきました。


例えば、ガソリンスタンドのセルフ化というのは、
結構前からありますが、
最近は、お店のレジのセルフ化なんてのも
良く見られるようになってきました。


こういった無人化は、今までは日常生活上に
あまり見られなかっただけのことで、

機械による無人化というのは、昔から着々と進歩してきたことです。


例えば昔は、工場で物を作るときに、
すべて手作業でやっていたのが、
段々と機械化していって、多くの工程から人手がいらなくなる。

こういうのも無人化ですよね。



このように、機械化による無人化というのは
最近になって始まったことではなく、
昔から少しづつ起こってきたわけです。


それが、最近では、日常生活にも
見られるようになってきたというわけです。


それで、今後もそれがどんどん進んでいくでしょう。

そうなっていくと、人の雇用機会は、減っていくことになります。

例えば、レジ打ちの仕事が、セルフレジに取って代わったように、
比較的単純な仕事からどんどん機械に
取って代わられれることになるでしょう。


吉野家では、ご飯の盛り付けは機械化されているそうです。

回転寿司のしゃりを握るのは機械です。

また、果物の収穫をロボット化する農家も出てきているようです。


将来的に見た時に、
そういった機械に仕事を取って代わられるようなことが、
自分の身に起きないようにするには、

機械では代わりが出来ない仕事につくとか、
あるいは、機械では代わることの出来ないスキルを身に付けるとか、
そういったことが必要になりそうですね。
リンク

スポンサード リンク

ここに幸あり、ラブサーチ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。